大阪市漁業協同組合

淀川産べっこうしじみ

大阪市漁協のサイトマップ

EMとは

イフェクティブ マイクローガニズム

EM(Effective Microorganisms:イフェクティブ マイクローガニズム)とは、人間にとって有用な微生物を共存させた液状の微生物資材です。

EMは食品加工に使われている有用菌を中心に、乳酸菌、酵母、光合成細菌など安全な微生物のみで構成されています。

世界各地で作られているアルコール、ヨーグルト、チーズなどの様々な発酵食品は、微生物の働きを活用したもので、古来から人類と微生物は密接なかかわり合いをもってきました。

これらの微生物は、悪玉菌と呼ばれる有害微生物(腐敗や病気の元となる微生物)を抑制し、EMを核にして善玉の微生物を呼び集め、活性化させる力を持っています。

さらに物質の劣化や腐敗の原因となる「酸化」を防ぐ「抗酸化物質」を生成し、生態系のバランスを取り戻す力があります。

EMは安全で有用な微生物の集合体です。

大阪市漁業協同組合では、EMをそのエサとなる糖蜜で培養した液体(EM活性液)や、EMボカシ(EMで米ぬかなどの有機物を発酵させたもの)を扱い、それらを土に練り込んだ「EM泥団子」など、さまざまな方法でその場所に適した浄化活動を行っています。

 

ページトップへ